top of page

お伝えしたいこと

Deep care lab さんのウェブマガジンWONDERに掲載された私の記事です。

もしよろしければご覧ください。

URLアドレスはこちらです

https://note.com/deepcarelab/n/n474ef1bb09e9

昨日で38歳になりましたが、37歳までの私の想い、エッセンスがよくまとまっています。


さて、38歳の私も同じことをいうのでしょうか。

ブレてもいいんだと思っています。

動物ですから。動くものです。動き続けるのが自然です。


とかいいつつ、ずっと同じようなことを言っていますし、これからも同じようなことを言い続けるのでしょう。

本質を突き詰めて考えたいのです。


こんなマニアックなことやっておりますが、

お話を聞きたいという方がけっこういらっしゃいます。

そして意外にリピーターさん多くいらっしゃいます。

この記事も、以前オンライン講座の講師をさせていただいてからのご縁で、お話をするのは2回目です。


先日は高原町の教育委員会からのご依頼でお話をいたしまして。

その紹介で、今度は須木村の教育委員会から講演のご依頼がありました。


木のこと、森のこと、山のこと。

多くの人に伝えたいことが、たくさんあります。


有名な山伏がおっしゃるには

「人間」と「ひと」は別物だと考えるのがよい

だそうです。


「人間」は頭で考える。論理的思考。

「ひと」は身体で感じる。直観的判断。


今の世の中は「人間」的な考え方に偏りすぎているんだそうです。


僕は実際に木を隅々まで触りますし、切ったり、植えたり、調べたり、治療したり。

人がほとんど入らないような森の中にも入っていきます。

身体をとおして、実感として、木や森や山について「ひと」的なとらえ方をします。


・・・生態系の中の「ひと」という種としての、実感・・・

↑この話が講演会でウケるのかもしれません。


自然は守るものですか?

守られているのは私たちじゃありませんか?

地球を大切にしたいという思いはあるのが当然じゃありませんか?


SDGsだとか騒いでいますけど、そんな欧米発信の浅い小手先の話なんてしません。


ご先祖様が守って大切にしてきたものを、大切にする。

その延長線上に私たちの毎日がある。

毎日を、毎瞬を大切に。

毎瞬が尊すぎるので、SNSはあまりできません。ブログも難しいでしょう。

二度と戻らない時間を、

ちゃんと手放していく。



あなたに伝えたことがあるけど、

忘れてしまっていい。



だから今この瞬間は尊いし、

全力で今を愛でる。



もしお話を聞きたい人がいらっしゃれば、全力で伝えるけど、

忘れていい。



それでいい。


最後は「伝えたい」のか「伝えたくない」のかよくわからない結論になってしまいましたが

書いてるうちにそうなっちゃったんだから、しかたありませんね。

 


うん。

これでいいです。



とりあえずまた、未来で。












Komentarze


特集記事
道具シリーズ
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page